断捨離と服

断捨離 服≪アラフォー≫

片付け祭りと断捨離のコツ

断捨離の方もすんなりと実践に移せたのですが、最初から「断捨離」
を読んでいたら物を捨てるという事は出来なかったのではないでしょうか。
基本的にはどちらも同じ事を言っているのですが、
やましたひでこさんの方は凄く回りくどい言い方かのかもという印象を受けますね。

 

そして断捨離は一生ずっと続けないといけないというイメージ。
それでなかなか気が進まないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

確かに普段の生活から物を捨てるという事が習慣になれば
部屋や身の回りは綺麗になりますが、人間らしさというのが無い気がするのですがね。
冷蔵庫の中は 夫が朝に食べる 牛乳やパン、卵など それ以外は
残していかないで 空っぽにしといてと言われたので大変です。

 

 

買い物をする時も 余らないように ここ1週間は 考えて買うようにしたのですがなかなか大変です。
掃除も一通り 済ませましたしあとはどうなることやら。
とにかく夫が 1週間 なるべく 家事をしないで済むようにはしたつもりですから困ったものですね。

 

まあ、息子がいない分、家を留守にするというのが大変ではないですが
私ひとりで 帰省するのは 結婚して以来初めてのことではないかと思っています。
あ、忘れてたのですが二回目のことでした。

食材宅配サービスと不用品の買取

 

アラフォーやアラサー主婦の断捨離事情

新婚当初、 夫が 海外出張した時に ありましたのでこういうイメージです。

 

問題は、処分対象とした服に別れを告げられるかどうかをやってみたいと思います。
古着の高額査定を利用してとりあえず物を片付けてしまいたい場合は、まとめて捨ててしまうのが一番早いのではないかというのが私の考えです。

 

思い切りがつけられない、もったいないという思いが強い時は
いくつかの方法を組み合わせるのが大事ですね。
ただし、時間と手間がかかるのでどうすればいいのか分かりません。
処分の数が少ない場合は、知人に譲ったり、オークションで売るのもよいのではないかと思います。
多い時は、寄付を受け入れてくれるところへ渡したり、
どうしようもない状態の物は、あきらめてぞうきんにしたり捨てたりするのが私流です。
床には物を置かず、カーペットやフローリングが見えているようにするのがベストですね。

 

これまで床に置いてきた物達は、本棚や机、引き出し、タンスなど、所定の場所を決めて置くようにしましょう。
そうするとゴミや汚れが見えてきて掃除する気になるのですがどういった感じでしょうかね。

 

どうしも床に置きたいものは、カゴや箱などを用意して、出来るだけ種類を分けて置くようにするのがベストです。
断捨離で、これらとサヨナラをした後は、どこに行くにもスッピンででかけているのですがどうですか。

 

まぁ、にきび跡はまだまだたくさんありますが、化粧品を使わなくなって、不思議ですが、
なんだか内側から「透明感」みたいなものが出てきた気がするので納得いかず。

 

少し前まで、わたしも50歳近いとはいえ、まだまだ女性なのでお化粧=身だしなみとか、
お化粧しない=生活臭漂う、女性を捨てているとは感じにくいって思ってしまいますね。

ホーム RSS購読